Kataribe
2016年04月25日

株式会社カタリベ、ブロックチェーン技術の普及と技術促進を目的としたコンソーシアム「ブロックチェーン推進協会」の発起メンバーとして参画

BCCC

株式会社カタリベ(本社:東京都新宿区新宿1-2-9 JF新宿御苑ビル9F 代表取締役社長:永瀬義将)は、「ブロックチェーン推進協会(BlockChain Collaborative Consortium(略:BCCC))」(以下、コンソーシアム)の発起メンバーとして参画したことを、2016年4月25日に発表いたしました。

本コンソーシアムは、ブロックチェーン技術(※1)の未来を確信する国内有志メンバー(企業・個人)が、相互に情報交換、切磋琢磨しながら、ブロックチェーン技術の普及啓発を行い、自らブロックチェーン技術の適用領域を拡大し、またブロックチェーン技術領域への資金調達支援を行うことによって、わが国産業の国際競争力増進に貢献するとともに、ブロックチェーン技術の進化にも寄与する場の提供を行うことを目的としています。

■発起メンバー(34社、50音順)

株式会社アイリッジ
アララ株式会社
EMTG株式会社
イー・ガーディアン株式会社
株式会社IndieSquare
インフォテリア株式会社
弁護士法人漆間総合法律事務所
株式会社SJI
株式会社オウケイウェイヴ
株式会社オプトベンチャーズ
株式会社カタリベ
カレンシーポート株式会社
クローバーラボ株式会社
コンセンサス・ベイス合同会社
ConsenSys
さくらインターネット株式会社
GMOインターネット株式会社
テックビューロ株式会社
株式会社ドリコム
株式会社Nayuta
日本サード・パーティ株式会社
日本マイクロソフト株式会社
株式会社ハウインターナショナル
HASHコンサルティング株式会社
ビットバンク株式会社
BTCボックス株式会社
株式会社フィスコ
フィデルテクノロジーズ株式会社
ぷらっとホーム株式会社
BASE株式会社
株式会社ホットリンク
株式会社マネーパートナーズソリューションズ
株式会社Unitedly
株式会社ロックオン

■「ブロックチェーン推進協会」設立趣旨

ブロックチェーン技術はフィンテック(金融IT革命)の中核技術として注目を集めるだけでなく、業界を問わず情報システムの進化に大きな貢献をもたらそうとしています。しかしながら、現在国内のブロックチェーン技術開発と実証実験は世界に対して遅れを取っていないにもかかわらず、その実績や技術情報が共有されていないため適用領域がほんの一部に留まっています。そこで、本会は、ブロックチェーン技術の未来を確信する国内有志メンバーが、相互に情報交換、切磋琢磨しながら、ブロックチェーンの普及啓発を行い、自らブロックチェーンの適用領域を拡大し、またブロックチェーン技術領域への資金調達支援を行うことによって、わが国産業の国際競争力増進に貢献するとともに、ブロックチェーン技術の進化にも寄与することを目的とします。さらに、世界のブロックチェーン団体とも連携しその情報を国内で配信するほか、本会で培われた技術と経験は、ブロックチェーン先進国として日本から世界へと向けて発信します。

■協会概要

名称 ブロックチェーン推進協会(略称:BCCC)
英名:Blockchain Collaborative Consortium
理事長 インフォテリア㈱ 代表取締役社長 平野 洋一郎(ひらのよういちろう)
副理事長 カレンシーポート㈱ 代表取締役CEO 杉井 靖典(すぎい やすのり)
テックビューロ㈱ 代表取締役社長 朝山 貴生(あさやま たかお)
事務局 東京都千代田区丸の内1-3-1 東京銀行協会ビル14F FINO LAB内
公式サイト http://bccc.global/

※1:「ブロックチェーン技術」とは
ビットコインによって発明された、P2P方式によるデータ処理の基盤技術です。複数のコンピューターが分散型合意形成を行い、暗号署名しながらブロック単位で複数データを処理するのが特徴です。安価なコンピューターで稼働し、ゼロダウンタイムと、改ざん不可能なセキュリティを実現します。バックアップや冗長化も必要なく、劇的なコスト削減が可能であり、キャパシティを超えても落ちないため、金融機関にも注目されています。

■アドバイザー

増島雅和(森・濱田松本法律事務所、弁護士)
Lon Wong(CEO, Dragonfly Fintech, Singapore)
Anis Uzzaman(CEO, Fenox VC, Silicon Valley)
村口和孝(Nippon Technology Venture Partners 代表)

■本件に関するお問い合わせ

Contents