思わずクリックしたくなる!記事タイトルの法則とは?

記事LPの要となるのが、記事タイトルです。
タイトルによって、記事LPの効果が左右されると言っても過言ではありません。

まず、タイトルをつける際に知っておきたいものに、「4U原則」というものがあります。これは、ダイレクトレスポンスマーケティングの起業家で有名なマイケル・マスターソン氏が考案したものです。

①Urgent(緊急性)
時間の要素。今すぐ欲しいと思ってもらう。 例)「限定キャンペーン」
②Unique(独自性)
新しい情報。商品やサービスの強みとなる部分を知ってもらう。 例)「新定番!」
③Ultraspecfic(超具体的)
数字などを活用した具体的な表現。 例)「10日間お試しセット」
④Usefull(有益)
読み手にとって、有益となる情報。 例)乾燥させないスキンケア

以上の4Uが、タイトルを考えるときのポイントです。
これらの例をまとめると、下記のようなタイトルが完成します。

新定番!乾燥させないスキンケア
10日間お試しセットを限定キャンペーン実施中

このようなタイトルにすると「乾燥をサポートする新しいスキンケアの10日間セットを限定でお試しできる」という商品があることをタイトルから発信することができます。

しかし、いざ4U原則でタイトルをつくろうとすると、最初は難しいと思います。
そこで、カタリベがオススメする4U原則よりも簡単な3つのポイントをご紹介します。

①だれに(ターゲット)
ターゲット層をタイトルに加えて、読者を絞り込む。 例)「アラサー女性」「プレママ」
②なにを(お悩み・ベネフィット)
ユーザーのお悩みや商品の強みを伝える。 例)「いちご毛穴」「陶器肌」
③どのように(解決法・問題提起)
記事の軸となる解決方法や注意喚起をする。 例)「人気のスキンケアとは」「〜の落とし穴?」

これらを組み合わせると、下記のようなタイトルができます。

アラサー女子に知って欲しい!
いちご毛穴とサヨナラさせる人気のスキンケアとは?

4U原則よりも簡単な気がしませんか?
記事LPのタイトルには、ただコピーが面白いだけではなく、記事のなかで伝えたい要素を伝えることが大切です。
ぜひタイトルを考えるときのご参考にしてみてください。