「大きな検証」と「小さな検証」とは?

記事LPの検証ポイント
 
記事LPの検証ポイントは「大きな検証」と「小さな検証」があります。
「大きな検証」はターゲットと訴求の検証となります。
弊社では記事コンテンツLPを作成するにあたり、始めにターゲットを決めます。
以下の図のように、深掘りしたターゲットを設定いたします。
記事LPにおいて弊社実績では、ターゲットを絞り込んだほうがユーザーに自分事化されやすく良い結果がでやすい傾向がございます。このターゲットとその訴求軸はさまざまな切り口がありますが、その検証をしていくことが大きな検証になるわけです。
例えば、今回はターゲットA群を設定し、訴求は「あ」訴求としましょう。次のフェーズで「い」訴求ではどうか、というようにターゲットと訴求をセットにした検証をしていきます。
 
 
次に「小さな検証」は主に記事LP内における読了・遷移率検証となります。
いかに読了率と遷移率を上げていくかを検証していきます。ファーストビュー画像、記事タイトル、オファー内容等を検証することで読了・遷移率は改善するか、等といった検証をいたします。
このようにPDCAを回していくことでノウハウ蓄積され、記事LPの成功へと導きます。