資金20万円から始める投資!王道の株式投資が面白いワケ。
〜あの有名企業は■■万円が■億円に〜

資金20万円から始める投資!王道の株式投資が面白いワケ。
〜あの有名企業は■■万円が■億円に〜


 

長く投資を続けている人からすると、株式投資ほどメリットが多いものはなく、まさに資産運用の王様と呼ぶにふさわしいもの。 今回はそのような株式投資について詳しくみていきましょう。

理解すると面白くなる「株式投資」


株式投資とは、企業が発行した「株式」を売買する投資方法です。 買った株式の株価が上昇することにより「値上り益(キャピタルゲイン)」「配当金(インカムゲイン)」を手にすることができるのが最大のメリット。 また株式を購入(=所有)することによって、その企業の株主になるので株主優待サービスなどを受けることもできるようになります。ほかにも、インフレに強い抗インフレ効果に注目して株式投資を選ぶ人も少なくありません。

もちろん株式投資にはリスクもあります。所有している企業の業績がぱっとせず、株式の価値が下がれば「値下り損(キャピタルロス)」になったりしますし、企業が倒産したりしてしまう可能性もなくはありません。  しかし、こうしたメリット・デメリットは、さまざまな内的・外的要因によって左右されるので、なぜ株価が上昇したのか、なぜ下落したのかの原因を分析することができます。 つまりまったく根拠のない値動きをしないので、人為的にリスクコントロールをすることも不可能ではないのです。 

あの有名企業は■■万円が■億円に!? 株式投資の醍醐味とは?

もっとも株式投資も「投資」ですから、保有する株式の値が上がったり、多くの配当金がもらえなければ投資している意味がありません。では、どのような銘柄で、どのくらいのリターンがあったのか、具体例を見て検証しましょう。

○○採用銘柄のうち、過去●年間で見てみると、圧倒的なのは○○社。なんと■■%超えを誇っています。
△△でお馴染みの▽▽社は約■■%、◇◇社も約■■%とかなりの上昇率ですね。

また、見逃せない銘柄はたくさん。まずは○○社と●●社。
〇〇は、19xx年一部上場当時の安値が約■■万円。株式分割をした結果、約■■万円の儲けを手に!(20xx年●月●日現在)
▽▽を経営する○○も同様、19xx年当時の株価■■円は現在■■円(20xx年●月●日)の株価になり、元手■■万円が■■円に大化け!

億万長者とはまさにこのことですね。 ここに加えて配当金も出てきますから、企業が成長すればするほど儲かるわけですね。
さらに、短期的に成長した銘柄も。
○○は、●年前20xx年●月●●日終値■■円から■■円に(20xx年●月●●日現在)。なんと〇倍!
今やTVCMでも話題の「▽▽」は20xx年年●月●日終値■■円から■■円(20xx年●月●日現在)。こちらも約〇倍。しかもただ儲かるのではなく、株主になるということは応援したい企業のオーナーになるわけですから、自分の応援(投資)をもとに企業が成長する姿を見ると、感慨もひとしおです。
仮想通貨にはこのような成長応援メリットはありませんし、比較検討する要素もほとんどないので、株式投資のほうがより投資を楽しむことができると言えます。

しかし「株式の購入って敷居が高いイメージがある」という声が多いのが悲しいところ。
実は■■万円以下でも株式購入は可能で、■■万円以下で購入できる東証銘柄は全市場銘柄の約61%もあるんです!(20xx年●月●日) 
さらに言えば、優待銘柄はそのうち■%にあたる■■銘柄もあるんです! 
この事実を知るだけでテンションがあがってしまいますね。しかも、全国の証券取引所では、株式の売買単位を100株へ統一する動きになってきているので、昔より購入しやすい株式が増えているのです。

少額で始めるならオススメは○○証券

実際、株式投資を始めるうえで、どの証券会社を選べばいいか、迷ってしまうことも少なくありません。
そんなときはまず手数料はリーズナブルで、情報収集能力がしっかりしている証券会社を選ぶようにしましょう。
「情報の○○」と業界で言われるほど多くの投資情報を持っている○○証券では、現物取引および信用取引において●万円以下の手数料が●円と投資家に優しい環境です。
また2017年「▽△▽△」ネット証券ランキング取引ツール●位に選ばれるなど、取引ツールが充実しているので、株式投資を始めたばかりの人も使いやすいのが特長です。
少額から株式投資を始めるならば、いろんなキャンペーンを開催している○○証券はうってつけと言えます。
手軽に始められる「株」の魅力!是非その世界を覗いてみてはいかがでしょうか。


詳しくはこちら
 

おすすめコンテンツ

株主優待ピックアップ!お得な商品やサービスをチェック

2018年の「業界図鑑 ~業界・セクターごとのトレンドを掴む~

○○証券のおトクなキャンペーンはこれ

はじめての株式~現物株式篇~